お知らせの記事一覧

 兵庫県NIE推進協議会が任命する特任アドバイザーに神港学園高校の中野憲二校長に、同協議会からの推薦で日本新聞協会が任命するNIEアドバイザーに姫路市立豊富小中学校の井上幸史教頭と、西宮市立浜脇中学校の渋谷仁崇教諭にご就任いただいた。いずれも2021年度から。NIEに関心が高く、実践豊かな先生ばかり。抱負を寄せていただいた。

  普段着のNIE活動の定着図る
                   神港学園高校 校長 中野憲二
 特任アドバイザーに就任しました中野と申します。
 HPを拝見し、NIEの活動・実践が、本格的に始まって四半世紀の間に、全国の小・中・高校で、近年は海外でも取り組まれていることを知りました。あらためて、学校現場で継続して取り組まれている先生方の熱意、それを支える事務局の皆様に敬意を表します。
 このたび、NIEの優れた実践の場面に触れることができる貴重な機会を与えていただき、大変ありがたくうれしく思います。
 学ぶという営みは人が成長していくプロセスそのものです。私自身は微力ですが、未来を生きるこどもたちが、NIEを通じて成長していくお手伝いができるよう、先生方と意見交換もしながら一緒に考えていきたいと思います。
 NIE学習が普段着のように、子どもたちの日常生活に定着していけば、と願っています。
                   
  「つくる」と「つかう」キーワードに
                   姫路市立豊富小中学校 教頭 井上幸史
 VUCA(Valatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)と呼ばれる時代の中、新型コロナウイルスにより、私たちを取り巻く社会環境の複雑性がいっそう増し、将来についての予測が困難な状況が続いています。生活様式や行動様式の劇的な変化は、私たちの消費行動にも大きな影響を与え、あふれる情報を取捨選択するとともに、その真偽を見極め、適切に意志決定する力がますます必要になっています。
 このような時代だからこそ、一歩前へ。情報の消費者としてだけでなく、創造・発信など「情報のよりよい創り手」としての資質・能力を育むことが大切だと感じます。
 このたび、機会をいただいたアドバイザーという立場と役割に感謝しつつ、「つくる」と「つかう」をキーワードに、皆さんと一緒にNIEの可能性を模索していきます。
                  
  生徒の力を最大限に引き出せる環境づくり
                   西宮市立浜脇中学校教諭 渋谷仁崇
 「わかる世界と変わる自分」をテーマに、NIEノートを活用した授業実践をしています。
 生徒が興味ある記事をノートにまとめ、それを用いてプレゼンテーションを行います。
 この学習を通して、探究する力や、言語力、思考力など、さまざまな力を引き出していきたいと思います。
 SNSを多く活用する現代では、自分の興味あることを深く掘り下げる機会が多くなっていますが、それ以外のことが目に触れない。しかし、新聞は多角的・多面的に物事をとらえることができます。
 年明けには小中学生1人に1台PCが配布されました。
 このコロナ禍で世界は大きく変化し、新たなものが生み出されたり、また見直されたりしています。
 新聞もデジタル化されるなど、時代のニーズは多岐にわたります。
 そんな中で新聞の普遍的な部分も大切しながら、持続可能な社会の中で、生徒たちが持つ力を「最大限に発揮できる環境づくり」を、今後もNIE活動を通して目指したいと思います。

  NIEアドバイザーの名簿はこちら

 日本新聞協会が発行している「NIEニュース」第97号の同協会NIEアドバイザー紹介コーナーに、近藤隆郎教諭(神戸山手女子中高校)、瀧口梓教諭(県立川西明峰高校)のお二人が掲載されています。

 特集「SDGs学習に最適なNIE」では、2018~19年度のNIE実践指定校・県立武庫荘総合高校の山村康彦教諭の寄稿「継続的な記事閲読と壁新聞制作」が掲載されています。

 ぜひお読みください。

 日本新聞協会「NIEニュース」

 

 日本新聞協会は12月14日、家族や友人と新聞を読み、話し合ってまとめた感想文が対象の第11回「いっしょに読もう!新聞コンクール」の最優秀賞に、愛知県大口町立大口西小5年、伊藤穂乃花さんら3人を選んだと発表した。国内外の小・中・高・高専生から計5万7977点の応募があった。兵庫県内からは1498点の応募があり、個人の奨励賞に3人、学校奨励賞に3校が選ばれた。県内の入賞は次の通り。(敬称略)

 【奨励賞】阪本愛子(西宮市立浜脇中1年)=朝日新聞7月24日付朝刊「自ら依頼の難病患者を殺害」を読んで▽野々山桃花(御影高1年)=読売新聞8月13日付朝刊「『バチが当たる』信じる本音は」を読んで▽瀧野日菜(加古川西高2年)=神戸新聞7月28日付朝刊「死亡前院長の家族、感染『犯罪者扱いされた』」を読んで
 【学校奨励賞】加古川西高、神戸鈴蘭台高、御影高

  NIE公開授業が来年1月26日、姫路市豊富町御蔭の豊富小中学校である。NIE(教育に新聞を)活動を進める兵庫県NIE推進協議会の主催で、同校の井上佳尚教諭が「表現や視点の違いに着目した多紙読み比べ feat.Jamboard」をテーマに行う。対象は中学1年生。すべてテレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で公開し、現地参加は受け付けない。

 参加無料。午後1時40分~2時半。終了後、意見交換会がある(Zoomで行う)。希望者は来年1月20日までに申し込む。申込書は同協議会のホームページから取り出せる。同協議会☎078・362・7054、ファクス078・362・7424

ToyotomiKoukaijygyoujpeg.jpgPDF版案内を開く

ToyotomiKoukaijygyoujpeg.jpgWord版案内を開く(開かないとき 右クリック→保存してから開く)

 次年度からNIE実践指定校を希望する学校に対し、兵庫県NIE推進協議会は「プレ記者派遣事業」を行っている。「記者派遣事業って何?」の疑問に答えて、同協議会事務局から講師を派遣する。

 県立伊川谷高校(神戸市西区)では7月22日、新聞の持つ表現法を学ぶ授業を行った。対象は1年生30人。将棋の藤井聡太二冠のニュースを例に、記事の種類(本記、雑感、解説など)や、文章の書き方を説明した。

 尼崎市立立花南小学校では10月30日、防災授業を行った。対象は5年生約110人。兵庫で発生した災害や、避難所での新型コロナ対策を解説した。

 尼崎市立南武庫之荘中学校では12月4日、「新聞から学ぶ」をテーマに行い、1年生約225人が参加した。播磨特別支援学校(たつの市)でも行う予定。

                      ◆

 現在、2021年度のNIE実践指定校を募集中です。指定前に、記者派遣事業を希望される学校はお声掛けください。

 兵庫県NIE推進協議会は、前年度までに実践校指定を終了した学校で「フォローアップ授業」を行っている。同協議会事務局から講師を派遣する。

 養父市立建屋小学校では8月5日、新聞に掲載された「新型コロナの国内・県内感染者数」の表を糸口に、新聞の読み方を学ぶ授業を行った。対象は6年生8人。「有事のライフライン」としての新聞の役割を知ってほしい。厳しい時をともに乗り越えよう。そんなメッセージを込めた。

 県立神戸聴覚特別支援学校(神戸市垂水区)でも近く行う予定。

 昨年度、新型コロナ対策による休校のため記者派遣事業が中止された県立津名高校(淡路市)では、本年度中に朝日新聞記者を派遣する予定。

                      ◆

 終了校からのNIE授業の依頼をお待ちしています。

 兵庫県NIE推進協議会は、2021年度のNIE実践指定校を募っている。対象は県内の国公私立小・中・高校と特別支援学校で、学校長の承認が条件となる。

 21年度の指定校は20校で、20年度からの継続校を除く10校を募集する。応募多数の場合は地域や校種を考慮して選考する。

 日本新聞協会と連携した取り組みで、指定期間は原則2年間。各実践指定校は県内で発行されている日刊6新聞が各1部ずつ、実践教諭の人数に応じて、4カ月または2カ月、無料で提供される(英字新聞や小学生向け新聞への変更可)。記者派遣事業も利用できる。

 NIE実践について説明するオリエンテーションがある。指定校は年度末、同協議会が発行する実践報告書(A4判4㌻)と同新聞協会への報告書(A4判1枚)を提出する。

 問い合わせは兵庫県NIE推進協議会事務局☎078・362・7054(同事務局の締め切りは21年2月28日)

 〈事務局からお礼とお知らせ〉多くの学校からご応募や問い合わせをいただき、ありがとうございます。2月13日をもって締め切らせていただきます。

 NIEにご興味のある方はいつでもご連絡ください。具体的な展開方法などを紹介します。今後のNIE導入に向けての検討の一助にしてください。

BosyuTirasi04.jpg案内を開く

JisenkouMousikomi.jpgPDF版申込み用紙を開く

JisenkouMousikomi.jpgWord版申込み用紙を開く(開かないとき 右クリック→保存してから開く)

 NIE公開授業が11月24日、神戸市垂水区歌敷山3の愛徳学園中・高校である。NIE(教育に新聞を)活動を進める兵庫県NIE推進協議会の主催で、同校の米田俊彦教諭が「新聞を使って、ICT(ロイロノート)を活用し、自分の考えをまとめる」をテーマに行う。対象は高校2年生。テレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でも公開する。

 参加無料。午前11時40分~12時半。終了後、意見交換会がある(Zoomでの参加可)。希望者は11月18日までに申し込む。申込書は同協議会のホームページから取り出せる。同協議会☎078・362・7054、ファクス078・362・7424

AitokugakuenKoukaijyugyouAnnaidesu.jpg案内を開く

NIE公開授業が10月20日、淡路市志筑の志筑小学校である。NIE(教育に新聞を)活動を進める兵庫県NIE推進協議会の主催で、同校の南志乃婦主幹教諭が「淡路人形浄瑠璃の魅力を伝える見出しを考えましょう」をテーマに行う。今回はテレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でも公開する。

午後2時35分~3時20分。終了後、意見交換会がある(Zoomでの参加可)。無料。参加希望者は15日までに申し込む。申込書は同協議会のホームページから取り出せる。同協議会☎078・362・7054、ファクス078・362・7424

SizukisyouKoukaijyugyoAnnai.jpg案内を開く

 兵庫県NIE推進協議会は当協議会ホームページに、NIE実践指定校で記者派遣事業を受講した児童生徒のみなさんの感想を多数掲載する「わたしの感想NIE」コーナーを新設します。

 記者派遣事業は当協議会の目玉事業のひとつで、例年、指定校全20校でおおむね年一度実施しています。各新聞・通信社の記者が学校に出向いて授業を行うほか、本年度は新型コロナ感染拡大防止のためオンライン授業にも取り組んでいます。

 これまで授業の様子は新聞に記事を掲載するほか、当協議会ホームページ、「兵庫NIEニュース」(年3回発行)でお伝えし、それぞれ数人の児童生徒の感想を載せてきました。

 「わたしの感想NIE」コーナーは、さらに多くの児童生徒の感想を掲載し、みなさんに授業を振り返ってもらうほか、記者派遣事業の質向上にも役立てようというねらいです。

 すでに授業を終えている神戸鈴蘭台高校、神戸高塚高校、姫路市立豊富小中学校から順次アップしていきます。ご期待ください。

                                      兵庫県NIE推進協議会

 

 日本新聞協会は7月8日、新聞を生きた教材として活用する「NIE(教育に新聞を)」の2020年度実践指定校に全国535校を決めた。兵庫県内では20校が指定された。

 535校の内訳は、小学校219校、小中連携4校、中学校174校、中高連携11校、高校118校、特別支援学校9校。
 県内は小学校4校、小中連携1校、中学校4校、中高連携1校、高校10校。指定は原則2年間で、新聞を自由に活用してもらうため、購読料を新聞協会と各新聞社が全額負担する。県内の実践指定校は次の通り。
 【小学校】新規=伊丹市立天神川▽継続=神戸市立六甲アイランド、洲本市立鳥飼、淡路市立志筑
 【小中連携】継続=姫路市立豊富
 【中学校】新規=西宮市立浜脇、兵庫教育大付属、蒼開▽継続=猪名川町立中谷
 【中高連携】新規=愛徳学園
 【高校】新規=県立明石西、県立西宮、県立多可、県立神戸高塚、県立兵庫▽継続=神戸市立神港橘、県立柏原、県立加古川南、県立三田西陵、県立神戸鈴蘭台

zoomsoukai.jpg

 学校教育の現場で新聞の活用を進める「兵庫県NIE推進協議会」の総会が5月29日開かれた。新型コロナウイルス対策として記者がオンライン授業を行ったり、小中・中高一貫校で実践を進めたりする事業計画を承認した。本年度の実践指定校は例年通り20校とする。日本新聞協会の承認を得て7月に正式決定する。

 同協議会は学識経験者や兵庫県教育委員会、神戸市教委、県内の学校、新聞・通信社で組織。

 総会はテレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って実施。同協議会の秋田久子会長が「現場の状況に合わせ、柔軟に活動したい」とあいさつした。

 県教委の西上三鶴教育長は「大変な時期だが、子どもたちが充実した教育活動をできるよう、NIEの協力をお願いしたい」、神戸市教委の長田淳教育長は「休業中、子どもたちは大変だったが、社会を意識した学びに触れた。そこにNIEの重要性を感じる」と述べた。(三好正文)=30日付神戸新聞朝刊

 日本新聞協会は「第11回いっしょに読もう!新聞コンクール」の作品を募集している。興味を持った新聞記事を家族や友人と読み、感想や意見を専用の応募用紙に書き、あわせて記事の切り抜きも送る。

 対象は小・中・高・高等専門学校生。記事は2019年9月9日~20年9月8日の新聞から選ぶ。個人賞と学校賞の各部門で校種別に審査、12月上旬に結果を発表する。

 応募要領・応募用紙は日本新聞協会NIEウェブサイト(http://nie.jp/)からダウンロードできる。兵庫県内の受け付けは、〒650-8571 神戸新聞社内、兵庫県NIE推進協議会「いっしょに読もう!新聞コンクール」係。9月9日必着。問い合わせは同協議会☎078・362・7054

 兵庫県NIE推進協議会は、2020年度のNIE実践指定校を募っている。

 対象は兵庫県内の国公私立小・中・高校と特別支援学校で、学校長の承認が必要となる。

 募集するのは10校。期間は原則2年で、指定校には県内で発行されている日刊6紙を2~4カ月間、
無償提供する(英字新聞、小学生向け新聞への変更可)。記者派遣事業も利用できる。

 締め切りは20年2月末で、3月中に内定する。応募多数の場合、地域や校種を考慮し選考する。
申し込み、問い合わせは同協議会☎078・362・7054

 <事務局からお礼とお知らせ> 多くの学校からご応募いただき、ありがとうございます。普通校は2月14日をもって締め切らせていただきます。

「2020年度NIE実践指定校募集」・PDFファイルを開く

 日本新聞協会は11月25日、家族や友人と新聞を読み、話し合ってまとめた感想文が対象の第10回「いっしょに読もう!新聞コンクール」の最優秀賞に、福岡県粕屋町立粕谷中央小5年、清武琳君ら3人を選んだと発表した。兵庫県内からは2560点(前年比54点増)の応募があり、個人の奨励賞に4人、学校奨励賞に7校が選ばれた。

 国内外の小・中・高・高専生から計5万7561点の応募があった。
 県内の入賞は次の通り。(敬称略)
 【奨励賞】福留悠斗(姫路市立糸引小5年)=神戸新聞6月29日付夕刊「木製ストロー高い評価」を読んで▽広瀬幸喜(尼崎市立大庄北中3年)=毎日新聞7月30日付夕刊「難病・貫く医師の道」を読んで▽田上遥夏(加古川西高1年)=神戸新聞7月13日付朝刊「『原爆の図』語り伝える」を読んで▽田中愛子(御影高1年)=神戸新聞8月16日付夕刊「自治会副会長は19歳」を読んで
 【学校奨励賞】尼崎市立大庄北中、六甲学院中、伊丹高、加古川西高、神戸鈴蘭台高、御影高、武庫荘総合高

NIE公開授業が12月5日、加古川市米田町平津の川西小学校である。NIE(教育に新聞を)活動を進める兵庫県NIE推進協議会の主催で、同校の藤池陽太郎教諭が「新聞の読み比べ・新聞投書欄への投稿」をテーマに行う。

午後1時55分~2時40分。終了後、NIEをテーマにした交流会がある。無料。参加希望者は11月28日までに申し込む。申込書は同協議会のホームページから取り出せる。同協議会☎078・362・7054、ファクス078・362・7424

KawanisiES.jpgPDFファイルを開く

  NIE公開授業が11月27日、淡路市志筑の津名高校である。地域課題の解決策を考え、生徒たちが、地域に発信する取り組み「REBORN PROJECT」をテーマにポスターセッションを行う。

  NIE(教育に新聞を)活動を進める兵庫県NIE推進協議会の主催。無料。午後1時25分~3時15分。中尾誠二・福知山公立大学教授が講評する。終了後、NIEや地域課題解決を考える授業をテーマにした交流会がある。

  参加希望者は11月20日までに申し込む。申込書は同協議会のホームページから取り出せる。同協議会事務局☎078・362・7054、ファクス078・362・7424

TunaHS.jpgPDFファイルを開く

 NIE公開授業が13日、尼崎市大庄北1、大庄北中学校である。同校の中嶋勝主幹教諭(国語)が「NIE・新聞を取り入れた授業」をテーマに行う。

 NIE(教育に新聞を)活動を進める兵庫県NIE推進協議会の主催。同市教委の「マイスター教員による公開授業研修講座」との共催。
 無料。午後2時15分~3時5分。終了後、NIEをテーマにした交流会がある。参加希望者は12 日までに申し込む。同協議会事務局TEL078・362・7054、ファクス078・362・7424

Oshoukita1.jpgPDFファイルを開く

 日本新聞協会は7月11日、新聞を生きた教材として活用する「NIE」(教育に新聞を)の2019年度実践指定校に全国545校を決めた。兵庫県では20校が指定された。

 545校の内訳は、小学校220校、小中連携7校、中学校176校、中高連携7校、高校124校、特別支援学校11校。
 兵庫県は小学校7校、中学校5校、高校7校、特別支援学校1校。指定は原則2年間で、新聞を自由に活用してもらうため、購読料を新聞協会と各新聞社が全額負担する。県内の実践指定校は次の通り。
 【小学校】新規=神戸市立六甲アイランド、姫路市立豊富、洲本市立鳥飼、淡路市立志筑▽継続=神戸市立向洋、加古川市立川西、養父市立建屋
 【中学校】新規=猪名川町立中谷、姫路市立豊富、継続=尼崎市立大庄北、神戸市立山田、西宮市立平木
 【高校】新規=神戸市立神港橘、県立柏原、県立加古川南、県立三田西陵、県立神戸鈴蘭台、継続=県立武庫荘総合、県立津名
 【特別支援学校】継続=県立神戸聴覚

 学校教育の現場で新聞を活用する「NIE」活動を進める兵庫県NIE推進協議会の総会が5月24日、神戸市中央区の県民会館で開かれた。2019年度の実践指定校を計20校とし、教員向けに模擬授業を行うといった事業計画を承認した。

 同協議会は学識者や県教育委員会、神戸市教委、県内の学校、新聞社、通信社で組織。県内の学校に記者を派遣するなどの活動を担う。
 同協議会の秋田久子会長は「若手の先生にも新聞離れや活字離れの傾向がある。セミナーで具体的な展開、手法を紹介し、NIEへの関心を高めたい」とあいさつ。県教委の西上(にしうえ)三鶴(みつる)教育長は「学校広報の作成では新聞の手法を参考にしており、授業の中でも活用していきたい」、神戸市教委の長田淳教育長は「新聞で情報を読み比べることで、多面的な考え方が養われる」と意義を述べた。
 総会では、新聞の置き場所を図書館から廊下に移し、生徒が読むようになった事例などが紹介された。実践指定校は7月に正式発表される。(太中麻美)=25日付神戸新聞朝刊

  教育現場で新聞を活用するNIE活動に取り組む県NIE推進協議会は5月24日、神戸市中央区の県民会館で総会を開いた。今年度の事業計画を承認し、実践指定校に推薦する20 校を決めた。
 総会では、秋田久子会長が「20~30代の若い先生の新聞離れを危惧している。若い先生も新聞を日常的に読み、NIEを活用してもらいたい」とあいさつ。NIE推進協のホームページのリニューアルや、小中一貫教育が進む姫路市立豊富(とよとみ)小・中学校などでのNIEの実践研究などを盛り込んだ事業計画を承認した。
 実践指定校(候補)の内訳は、小学校7校(継続4校)▽中学校5校(同2校)▽高校7校(同5校)▽特別支援学校1校(同1校)。日本新聞協会の承認を経て7月に正式決定する。指定校には一定期間新聞購読の費用を助成するほか、記者を派遣して「出前授業」が行われる。=25日付産経新聞朝刊

実践指定校募集1247_001 (1).jpg