過去の例会について
2018年5月例会

「訪日中国人の
  観光と消費行動」
三菱総合研究所研究員
     劉 瀟瀟氏

 神戸新聞情報文化懇話会の5月例会は28日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開催しました。
 三菱総合研究所研究員の劉瀟瀟(りゅう しょうしょう)さんに「訪日中国人の観光と消費行動」と題してご講演頂きました。


 劉さんは中国・北京市生まれ。中国の大学を卒業後、みずほコーポレート銀行(現みずほ銀行)中国法人に入行。その後東京大学大学院を経て、三菱総合研究所に研究員として勤めていらっしゃいます。


 講演では、「爆買い」で知られた訪日中国人の観光形態が、ここ数年の間に変化していることを紹介。中国人観光客の観光ビザ発給件数が、2016年に個人と団体件数が横並びになった事例に触れ、「自由な旅行を楽しむ人が増え、重い家電を今までのように買うことはなくなった。その分旅に〝体験〟や〝特別さ〟を求めるようになった」と指摘しました。

 また、2018年に入り、日本を訪れた中国人は20、30代の若者が最も多いと説明し、「会員制交流サイト(SNS)がインバウンド(訪日外国人観光客)事業の鍵。観光客の目線になって地域の魅力を発信することが、新しい消費の創出につながる」と力を込めました。

お問い合わせ
神戸新聞情報文化懇話会事務局(神戸新聞社事業局内)
650-8571 神戸市中央区東川崎町1-5-7
TEL : 078-362-7057(平日10時〜17時30分) 
FAX : 078-360-5514 
E-mail : kjbk@kobe-np.co.jp