先生方へ~NIEを、ご一緒に~

兵庫県NIE推進協議会会長 秋田久子

ホームページへ、ようこそ。

 私どもの今年度の活動テーマは「お若い先生方にも新聞を使ってもらおう」です。児童・生徒が新聞に触れる機会を作ってくださいますよう願っております。

 ところで、なぜ紙媒体の新聞なのでしょうか。今や情報収集のツールは多様で便利な時代ですのに。

 そこで、こんな場面を想像してみてください。雑多なモノがあふれかえって足の踏み場もない部屋、必要なモノがすぐに取り出せる状態ではありません。どこに何があるか、部屋の真ん中で途方に暮れる・・・。

 どうやったら必要なときに必要なものを取り出して使えるようになるでしょう。それはやはり、カテゴライズ(分類)することです。用途ごとに、使う季節や場面ごとに、まとめて整理すると使いやすくなります。

 子どもにとっては、学校の勉強は知識の整理棚を作ることです。同様に、新聞の紙面構成は「今」の社会の整理棚を知ることだといえるでしょう。

 大人は棚を持っています。分野や軽重でニュースを分類・整理しながら進んでいくことができます。でも、子どもは整理棚づくりの真っ最中。飛び込んでくるニュースを取るべきか、どの棚に整理するか、わからないから不安です。手元のスケールは誰でも、まずは興味と嗜好です。その興味と嗜好を生かし伸ばしていくためにも、広く情報に触れ整理して考えていく習慣が大切だと思います。

 児童・生徒が新聞を通じて、「今」の社会の整理棚を作っていけますよう、お力添えをくださいませ。私どもも先生方のご質問やご要望にできる限り応えられるよう努めてまいります。お問い合わせください。どうぞご一緒に、よろしくお願いいたします

令和元年6月4日

新着ニュース

 学校教育の現場で新聞を活用する「NIE」活動を進める兵庫県NIE推進協議会の総会が5月24日、神戸市中央区の県民会館で開かれた。2019年度の実践指定校を計20校とし、教員向けに模擬授業を行うといった事業計画を承認した。

 同協議会は学識者や県教育委員会、神戸市教委、県内の学校、新聞社、通信社で組織。県内の学校に記者を派遣するなどの活動を担う。
 同協議会の秋田久子会長は「若手の先生にも新聞離れや活字離れの傾向がある。セミナーで具体的な展開、手法を紹介し、NIEへの関心を高めたい」とあいさつ。県教委の西上(にしうえ)三鶴(みつる)教育長は「学校広報の作成では新聞の手法を参考にしており、授業の中でも活用していきたい」、神戸市教委の長田淳教育長は「新聞で情報を読み比べることで、多面的な考え方が養われる」と意義を述べた。
 総会では、新聞の置き場所を図書館から廊下に移し、生徒が読むようになった事例などが紹介された。実践指定校は7月に正式発表される。(太中麻美)=25日付神戸新聞朝刊

  教育現場で新聞を活用するNIE活動に取り組む県NIE推進協議会は5月24日、神戸市中央区の県民会館で総会を開いた。今年度の事業計画を承認し、実践指定校に推薦する20 校を決めた。
 総会では、秋田久子会長が「20~30代の若い先生の新聞離れを危惧している。若い先生も新聞を日常的に読み、NIEを活用してもらいたい」とあいさつ。NIE推進協のホームページのリニューアルや、小中一貫教育が進む姫路市立豊富(とよとみ)小・中学校などでのNIEの実践研究などを盛り込んだ事業計画を承認した。
 実践指定校(候補)の内訳は、小学校7校(継続4校)▽中学校5校(同2校)▽高校7校(同5校)▽特別支援学校1校(同1校)。日本新聞協会の承認を経て7月に正式決定する。指定校には一定期間新聞購読の費用を助成するほか、記者を派遣して「出前授業」が行われる。=25日付産経新聞朝刊

兵庫NIEニュースを発行しました。第59号となる今回は2018年度の実践発表会の様子などを紹介しています。
下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(59号)・PDFファイルを開く

tyoukaku.jpg sinnpo.JPG download20190415.jpg  NIE(教育に新聞を)活動を進める兵庫県NIE推進協議会の設立20周年を記念し、学校での新聞活用事例を紹介する実践発表会(神戸新聞社など後援)が2月1日、神戸市中央区の市産業振興センターであった。小、中、高、特別支援学校計7校の生徒らが教諭と取り組みを発表した。
 養父市立建屋(たきのや)小学校では、英字新聞を使った課題をこなしたり、記事からアルファベットを探したりする「イングリッシュマラソン」を開催。授業では外国語指導助手(ALT)と連携し、新聞の音読や単語を探した。「知っている単語を見つけるとうれしかった」と6年の藤原璃人(りひと)君(12)。坂本和宏教諭は「目からも『英語のシャワー』を浴びることは、読み書きの力にもつながる」と指摘した。
 また、県内の特別支援学校で初めて実践校に指定された神戸聴覚特別支援学校(神戸市垂水区)は、小学部から高等部まで毎日のように新聞を作り、模擬取材にも挑戦した。高等部2年の伊野翔さん(16)は「分かりやすく伝えるのが難しい。言葉を磨きたい」。村上優江(まさえ)教諭は「聴覚障害のある子どもにとって、新聞などの文字情報を取捨選択し、文章で主体的に発信する力を養うことは、自立につながる」と語った。(2月2日付神戸新聞)

写真:手話を交え、発表する神戸聴覚特別支援専門学校の生徒(上左)、高校生によるシンポジウム。新聞を通用した授業について活発に意見を交わした(上右)、ゲームを通じて英語を学んだ「イングリッシュマラソン」を再現する養父市立建屋小学校の児童ら(下)