提案! 新聞で遊ぼう  ~「知の伏流水づくり」を ~

兵庫県NIE推進協議会会長 秋田久子

新型コロナ禍で大変です。

先生方は今、子どもたちの学力とやる気と習慣を守ろうと、懸命に工夫をしておられると拝察いたしております。限られた環境と条件の中でのご苦労、お察し申し上げます。

ご家庭も大変です。私も働く2人の子の母親でした。学校・先生が頼りでした。STAY HOME……保護者の皆さんは今、子どもの安全と学力が気になり、目の前のゴロゴロ、キィーキィーで頭がぐらぐらなさっているだろうと思います。想像するだけで頭痛がしてきます。

そこで、提案申しあげます。こんなときに、「新聞を使った遊び」はいかがでしょう。

「遊び」といっても、新聞です。ご存じのとおり、新聞の朝刊1日分には新書1冊に相当する情報が入っています。ですからこの機会に、一緒に遊びながら、社会や世界に子どもの関心を向けてみませんか。たとえば、普段はなじみが薄い経済欄もこの機会にいかがでしょう。新型コロナの影響を手掛かりに、消費動向の変化や業界ごとの株価の動きなどを身近に感じることができますよ。

STAY HOMEの今こそ、新聞遊びで、子どもたちの「知の伏流水づくり」をいたしましょう。

では、新聞ゲーム「『この中で…これ!』~写真から推理する~」を紹介します。

用意するもの:新聞
対象年齢:小学校低学年から無制限
最適人数:2~5人

手順:
(1)真ん中に新聞を広げる
(2)一斉に「この中で…これ!」を合図に、それぞれが写真を一つ指さす
(3)解説する人の記事をみんなの手で隠す
(4)写真の場面を推理して解説する
(5)隠した記事をみんなで読んで、種明かしをする
※(3)~(5)を繰り返す。解説が終わってから「つっこむ」。「いつ」「どこ」「なにしてるの」など。解説がより詳しくなると種明かしが面白い

突飛な推理が面白さを倍増します。テレビ欄の新番組紹介写真や広告写真の解説のときにはゲラゲラと笑い転げました。中・高生なら外交面などは意外性があって面白いと思います。種明かし後に写真のGood Job判定もどうぞ。テンポよく、短時間で。慣れてくると「受ける」解説もやりだしますよ。

ただ、解説中には口を出さないことです。じっと聴くことです。新聞は古くてもOKです。図鑑や教科書の写真でも面白いですよ。  

「へぇー」という知的な驚きが「知の伏流水」を蓄えさせます。この機会に、どうぞ。 

先日、新聞にこんな川柳が載っていました。

― 弟は 学校知らない 1年生 (東京都・桑澤 凛さん8歳、朝日新聞4/29朝刊)」―

一日も早く収束しますように。

令和2年4月29日

新着ニュース

koubetakatukakou.jpg

 情報の扱い方や新聞の役割を学ぶ授業(録画)が神戸市西区美賀多台9、神戸高塚高校1年生200人に配信された。時事通信社神戸総局の丸山実子総局長と、神戸新聞NIX推進部の三好正文シニアアドバイザーが講師を務めた。

 同校は日本新聞協会のNIE実践指定校。授業は新型コロナウイルス感染防止のため、テレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で録画したものを使用。生徒たちが視聴し、夏休みの課題の新聞を活用したワークシート作成に役立てる。

 丸山総局長は香港の国家安全維持法のニュースを通し、「情報の取り扱いで最も重要なのは確認作業。一人より二人、より多くの人に話を聞き事実を追い求めることが必要だ」と説明した。三好アドバイザーは新型コロナ報道を例に、「新聞の特長は記事の網羅性や一覧性。新聞で社会とのつながりを感じてほしい」と呼び掛けた。

[写真説明]情報の扱い方について解説する時事通信社神戸総局の丸山総局長

toyotomisyoutyuu.jpg

 新聞の読み方を学ぶオンライン授業が7月30日、姫路市豊富町御蔭の豊富小中学校であり、小学5年生103人が神戸新聞NIX推進部の三好正文シニアアドバイザーの話を聞いた。

 同校は日本新聞協会のNIE実践指定校。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、遠隔会議システムを活用した。

 三好アドバイザーは、史上最年少で将棋のタイトルを獲得した藤井聡太棋聖などの記事を例に、一番初めに結論を書く「逆三角形」など新聞記事の仕組みを説明。「記事は事実の裏付けをして掲載している」と話し、「新聞から正確な情報を得てほしい」と呼び掛けた。

 柿本陽愛(はるあ)さん「新聞は難しい言葉もあるけど、将来役立ちそう」、多田剛章君は「正しい情報を知るため新聞は大切だと思った」と話した。=31日付神戸新聞朝刊姫路版

[写真説明]オンラインで新型コロナ報道の話を聞く児童たち=豊富小中学校(同校提供)

 日本新聞協会は7月8日、新聞を生きた教材として活用する「NIE(教育に新聞を)」の2020年度実践指定校に全国535校を決めた。兵庫県内では20校が指定された。

 535校の内訳は、小学校219校、小中連携4校、中学校174校、中高連携11校、高校118校、特別支援学校9校。
 県内は小学校4校、小中連携1校、中学校4校、中高連携1校、高校10校。指定は原則2年間で、新聞を自由に活用してもらうため、購読料を新聞協会と各新聞社が全額負担する。県内の実践指定校は次の通り。
 【小学校】新規=伊丹市立天神川▽継続=神戸市立六甲アイランド、洲本市立鳥飼、淡路市立志筑
 【小中連携】継続=姫路市立豊富
 【中学校】新規=西宮市立浜脇、兵庫教育大付属、蒼開▽継続=猪名川町立中谷
 【中高連携】新規=愛徳学園
 【高校】新規=県立明石西、県立西宮、県立多可、県立神戸高塚、県立兵庫▽継続=神戸市立神港橘、県立柏原、県立加古川南、県立三田西陵、県立神戸鈴蘭台

toyotomisyoutyu200630.jpg

    9年制の義務教育学校・姫路市立豊富小中学校は、隣接する市立豊富小・豊富中が一つになって、2020年4月1日に開校しました。特色ある取り組みとして「NIE推進」を掲げています。コンセプトは、新聞を「つかう」と「つくる」活動を通した情報活用能力の育成で、体験活動やICTの活用、調べ学習と連動した活動など、工夫しながら「つかう」「つくる」活動を進めています。

    19年度、小中両校とも日本新聞協会のNIE実践指定校となり、実践を積み重ねてきました。その体験をベースに、「つかう」活動では、記事の活用を中心に朝の全校読み聞かせ、コラムの書き写し、まわしよみ新聞などの活動のほか、防災スリッパづくりなど、新聞そのものを素材にした取り組みも行いました。

   「つくる」活動では、教科や総合的な学習・行事・体験活動のまとめとして、新聞づくりを実施。5~9年生(中学3年生)では、神戸新聞社のクラウド型アプリ「ことまど」を使った新聞づくりにも取り組みました。

 前期課程(小学校)には新聞委員会があり、19年度に引き続き、校内のニュースを取材して毎月、壁新聞を発行。委員会の児童たちからは「みんなが読んでいる姿をみるとうれしい」「『次はどんな記事を書こうかな』と考えながら、記事を探している」などの感想が聞かれ、「情報の作り手」としての意識の芽生えを感じます。

 さらに、学校図書館や校内の掲示板に新聞コーナーを設けるなど、日常的に新聞に触れて感じることのできる場づくりも行っています。

 「新聞のある風景」が根付きつつある本校ですが、教員たちが、NIEに関する特別な会議や研修を行っているわけではありません。一人一人が新聞の存在を少しだけ意識し、教育活動の中に新聞の特性を自然に溶け込ませているイメージです。

 以前から校種を超えた教育研究が活発で、新しいことにトライする雰囲気がNIE推進につながっているように感じます。

 新型コロナ感染拡大防止の休校措置を経て、6月15日から通常の教育活動が再開しました。後期課程(中学校)では、毎日届く新聞から生徒がお勧めの記事を順に紹介する取り組みもスタートしています。

 新しい生活におけるNIE実践に向け、これからも「新聞のある風景」をみんなで創っていきます。

井上幸史(姫路市立豊富小中学校教頭)(7月6日)

[写真説明]お勧めの記事を選び、発表内容を考える9年生

 ※日本新聞協会NIEサイト・各地の教員研究組織で、豊富小中学校NIE研究チームを紹介しています。 

hamawakityuukikou.JPG

  西宮市立浜脇中学校では6月1日から、クラスを半分に分けての分散登校を実施し、15日からは通常の授業を再開しています。新型コロナウイルス感染拡大防止対策の休校期間中は、教師がポスティングで課題を配布したり、学校ホームページに授業の動画を配信したりと対応してきました。

 授業では、社会科の課題として、「日本と外国を比べてみよう~新型コロナウイルスの対応~」として、生徒各自が「この国のこんな対応がいいな」と思うものをリポートにして提出し、授業で意見交換しました。

 道徳の授業では「正しく知り、正しく恐れる新型コロナウイルス」をテーマに新聞記事を活用し、生徒からは「飛沫(ひまつ)感染」「フェイスシールド」「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」というキーワードがたくさん出てきました。

  「コロナ差別」についても考えました。生徒からは「新聞記事で、医療従事者に対する差別や、親が医療関係の仕事をしているから保育所が受け入れてくれないことなどを知った」「自分の知り合いが、体調が悪くて発熱し回復した後に、周囲の人が何か避けているように感じたことがあった」などの声が上がり、新型コロナ禍を身近に感じているようでした。

  さらに、「『コロナちゃうん?』など何気ない言葉や行動が、差別につながり、相手に大きなダメージを与える」「新型コロナウイルスは世界からなくならないと思うから、正しく理解したい。ネットでは偽情報もあるから、新聞やニュースを見て、正しく行動したい」など、感想も出されました。

  本校では、今後も新聞記事を生徒各自にスクラップさせ、まとめ、感想を書く「NIEノート」の取り組みを続け、社会科の授業で交流させることを継続し、社会的事象への興味や関心・理解を深めていきたいと思います。

渋谷 仁崇(西宮市立浜脇中学校教諭)(6月29日)

[写真説明]分散登校時の道徳の授業。1年生が新型コロナ禍について考えた