兵庫NIEニュースの記事一覧

西上・県教育長.jpg

 西上三鶴・兵庫県教育長

 今こそ問題解決力育成

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、まさにグローバル社会の象徴です。世界中で、日常生活はもとより経済活動、文化・スポーツ活動、全てが様変わりしてしまい、世界の風景は大きく変わってしまいました。日本においても、長期にわたる学校の臨時休業など大きな変化が短期間に生じています。今の児童・生徒は、これからこうした変化に、何度も直面することでしょう。

 そのためにも、問題解決などの探究する力を育成することが重要であり、多様な情報を限られた紙面で伝える新聞、新聞の多様な情報をコンパクトに見ることができるインターネットを活用したNIEの活動は、探究活動の端緒としてとても有効です。

 本年度から実践指定校となった県立神戸高塚高等学校では、生徒たちが、興味のある新聞記事を持ち寄り、その中から課題を見つけ、グループでの意見交換を中心に、新聞の情報をもとに自らの考えを深める活動を行い、生徒の問題解決力の育成に取り組んでいます。これからも、NIEの活動を通じて、児童・生徒が変化の中でもたくましく成長することを期待しています。

長田・神戸市教育長.jpg

 長田 淳・神戸市教育長

 遠隔授業で新たな学び

 今年度は小学校において、新学習指導要領がスタートし、神戸市においてもその理念「主体的・対話的で深い学び」に則った新しい教育活動を展開しています。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、ソーシャルディスタンスを保ちながら協働学習を進めるという大きな課題に直面しています。

 感染症拡大防止のためには、人との触れ合いを制限しなくてはなりません。一方、協働学習には人との触れ合いが不可欠です。この二律背反する課題にいかに対応していくのかという点において、兵庫NIE活動の報告の中で、いくつかのヒントが提示されています。

 例えば記者派遣事業について、対面形式ではなく遠隔授業を各教室で同時に行い、質疑応答も子どもたちが同時に行うというオンラインによる双方向の授業でも、十分に成果を上げている実践例があると聞いています。

 新しい授業スタイルとそのための教材研究も含めたこれらの実践活動は、「ポストコロナ期における新たな学びの在り方」を考える上で大きな意義があると感じています。今後もNIE活動に期待しています。

 ※「兵庫NIEニュース」第64号に掲載しています。

兵庫NIEニュースを発行しました。第64号となる今回は淡路市立志筑小学校の公開授業や実践指定校で続いている記者派遣事業の様子(本号は12校を掲載)などを紹介しています。

下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(64号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第63号となる今回は8ページです。新型コロナウイルスによる長期休校中や授業再開後の実践校の対応や、オンライン授業を含む記者派遣事業の様子などを紹介しています。

下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(63号)・PDFファイルを開く

西上・県教育長.jpg 

西上三鶴・兵庫県教育長

 生徒の誰もが先生に

  平成から令和に時代も変わり、これからの日本は、国際化・情報化に伴い、多様な価値観をもつ人々と出会う社会となります。NIEの活動は、国内外の記事を通じて、世界を知るだけでなく、問題・興味を探す力、解決策・新たな展望を考える力、そして、自分の意見を伝え、他人の意見を聞くことを通して多様な考えをもつ人々と共生する力も育てています。

  昨年9月に行われた尼崎市立大庄北中学校の発表は、生徒誰もが先生であり生徒でした。生徒が生き生きと授業に向かう姿に感動しました。担当された先生の3年間の積み上げに敬意を表します。

    11月には県立津名高等学校の発表会に伺いました。地域の課題を基にNIE活動で学んだことを、生徒達はポスターセッションの中で発揮していました。

   昨年7月に行われた「NIEセミナー」にも参加しました。新聞をどう活用するかなど、活動の成果を左右する先生の授業力は、とても重要です。

   ICT技術が発達しても、多様な情報を限られた紙面で提供する新聞は最も身近な社会に触れるツールです。これからもNIE活動を応援していきます。

長田・神戸市教育長.jpg

長田 淳・神戸市教育長

 「世界の中の私」学ぶ

 2020年度から順次始まる学習指導要領には、学校で学んだことが「生きる力」となって、その先の人生につながってほしいという願いが示されており、そのために新聞を活用することも総則に明示されています。

 このような折、新聞各社のご理解とご協力を賜り、学校の授業等において、新聞記事の二次利用が行えていることは、すばらしいことだと思います。もちろん、新聞記事を印刷利用するには、著作権法に留意する必要があります。「学校の教育活動」という理由で著作権を軽んじてはいけません。子どもたちに遵法の精神を醸成することも大切で、著作権を守りつつ、NIE活動を推進しています。

 さて、19年度のNIE実践校に神戸市からは小学校2校、中学校1校、高等学校1校が指定を受け、活動しています。神戸市で過去最多です。実践校では、記者派遣活動、新聞6紙の無償配布などを通し、児童生徒の世の中を見る目に変化が表れました。自分は、他者との関係性の中で存在する。つまり、自分のありようは、世界と無関係ではないという相互承認の力が向上しており、NIE活動は、よりよい社会の担い手の育成につながっていくものだと感じています。

 ※「兵庫NIEニュース」第62号に掲載しています。

兵庫県NIEニュースを発行しました。第62号となる今回は2019年度の実践発表会や県立津名高校、加古川市立川西小学校の公開授業などを紹介しています。

下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(62号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第61号となる今回から2ページ増やし6ページにしました。
尼崎市立大庄北中の公開授業や近畿NIEフォーラムの様子などを紹介しています。

下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(61号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第60号となる今回はNIE兵庫セミナーの様子やNIEアドバイザーの研究活動などを紹介しています。
下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(60号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第59号となる今回は2018年度の実践発表会の様子などを紹介しています。
下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(59号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第58号となる今回は姫路東高校での公開授業の様子などを紹介しています。
下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(58号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第57号となる今回は総会の様子などを紹介しています。
下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(57号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第56号となる今回は実践発表会の様子などを紹介しています。
下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(56号)・PDFファイルを開く

兵庫NIEニュースを発行しました。第55号となる今回は名古屋での全国大会の様子などを紹介しています。
下記リンクからPDFファイルをご覧いただけます。

NIEニュース(55号)・PDFファイルを開く